主に日常のあれこれを


by 早坂いあん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:懐かしい漫画 ( 6 ) タグの人気記事

本日、まんが王国さんより「キュートな事情」の配信が始まりました。
ありがたき幸せ・・・😊
https://comic.k-manga.jp/title/89680/pv


登場人物の3人の名前でもわかるように、
とにもかくにも「大好きピチカートファイブ!」だったあの頃。
漫画描きとしては、まだまだおこちゃまだったワタシ…。😅
お年頃になった幼馴染みの関係、これからどうなるの?的な
超、超~~~王道少女漫画です。
そういえば、今描いているのも幼馴染みものだな。
私自身、転校を繰り返していたこともあり幼馴染みの男の子はいません。
憧れと想像だけで描いています。




キュートな事情 (講談社コミックスフレンド B)

早坂 いあん /講談社

麻美子、康陽、慶太郎は小さいときからいつも一緒。友達に「どっちを彼にすんの?」といわれても、麻美子はこまっちゃうワケ。ところが高校生になってなにかが変わりはじめ……。幼なじみの正三角形がくずれちゃう、そのCUTEな事情とは……!?(1992年4月刊行)






なんて可愛いんだろう、佐々木麻美子さんの歌声♥
今でも聴けば心が躍る初期のピチカートファイブ。
(野宮真貴さん、田島貴男さん時代はこちらで触れています。)




[PR]
by ian_hayasaka | 2016-01-27 13:30 | 漫画&生活

✨うわぁ~✨

今年も残りわずかとなりました。
大掃除を家族に任せて、一行も進まないパソコンの前に
しっぽりと座っております。

来年に向けて、環境を整えたり考えたり、
それに伴い、手を差し伸べてくれた方たちの
暖かさに触れほんわかしているところに、
2015年、とどめの嬉しい出来事が!

・・・自慢してもいいですか?

・・・いいですね?


じゃじゃーーーん!

a0107358_14202548.jpg
















ミュージシャン、つじあやのさんからの直筆のお手紙とCD!!


「お母さん、すげーー!」と家族一同、
特に息子がことのほか興奮しております。ヾ(*´∀`*)ノ
ジブリの「猫の恩返し」の主題歌、「風になる」
そして関西人にはお馴染み、京阪電車のCМソングでも
(もちろん、全国展開のCМでも!)
あやのさん、息子世代にも浸透しております。
そして、娘と一緒に歌って踊った
「しまじろうのみんなのきらきらぼし」
おかあさんといっしょの月うただった「しわしわしわわ」
かわいくて大好き!


事の発端は、あやのさんのこのブログの記事です。
かねてからブログは読んでいたのですが、
この記事を読んで、心底びっくり!
「私もお返しファンレターを書きたい!」と思い、
でもやはり、なかなか勇気が出ずぐずぐずしていたところを
家族に背中を押され、コミックスといっしょに手紙を
送った次第です。

そしたら、このようなお返事をいただき・・・とても感動しています。
優しい歌声にお人柄が表れているというものです。

手紙には、あやのさんが好きだったという
ラバーソウルを履いた男の子を描きました。

細めの学ランにラバーソウル!
こんな格好をした男の子を初めて見た時の衝撃は忘れません。
「おしゃれ!描きたい!」って。
80年代の青春だなぁ~。
久しぶりに描いたら、やっぱり楽しかったです。
案外、一番私らしいのかもしれません。

19歳の時、
大阪のアメリカ村と、老舗のインド茶屋「カンテグランデ」を
舞台に描いた「むじゃきな関係」という作品は、
本当に本当~~に稚拙なんですけれど、
好きと興味だけを前面に出した、嘘のない当時のワタシ。
なにより、今に至ってもいろいろな人との出会いをつなげてくれる
漫画だなぁとしみじみ思います。



透明感のあるとても美しい声と、心洗われる楽曲。



「あ、知ってる!」という曲がきっとありますよ~!

Oh!SHIGOTO Special

つじあやの/ビクターエンタテインメント



「懐かしい!私も読んでた!」という方のみ、是非どうぞ♥

「むじゃき」な関係 (講談社コミックスフレンド B)

早坂 いあん/講談社

1988年作品。(1989年コミックス刊行)「yahoo!ブックストア」などの一部の電子書店にて配信中です。









[PR]
by ian_hayasaka | 2015-12-29 15:00 | 漫画&生活

雨も滴るいい男たち


久しぶりに朝からず~っと雨。
こんな日は罪悪感なく、子どもにDSやHuluを与え放題で
仕事できます。はい。

そして私はというと、
こういうお天気の日はなぜか正統派ロックを聴きたくなってしまいます。


The Clash - I Fought The Law


手前の栗色の髪の色男、Bassのポール・シムノンに胸をときめかす!
まるで、ジェームス・ディーンですなぁ・・・。


The Clashは、まごうかたなきイケメンパラダイス♥
a0107358_16523457.jpg












若かりし頃のポール・シムノン♥♥
a0107358_16042832.jpg














そして、
10代の頃からの私の心のバイブル漫画のひとつ。
舞台はロンドン、シド・ヴィシャスとポール・シムノンが
理想的な設定で出てくる素敵な漫画はこちらです♥





[PR]
by ian_hayasaka | 2015-11-08 16:29 | 音楽と作品(回顧録)
まんが王国さんより、別冊フレンド時代の作品、
スウィート・ベルベット」全2巻が配信されています。
1993年に描いた連載です。


懐かしくて仕事場から引っ張り出してきました。

表紙は、こんな感じ。

a0107358_14231776.jpg
a0107358_14233151.jpg

兄弟間で揺れ動く女の子のお話です。
この手の大人しい作品は好みがパキッと分かれるかな?
当時、「読んでた!」という方がいましたら、
懐かしんでいただけたら嬉しいです。

私、あまり絵柄変わらないですね・・・。
頑ななまでに、今もクセが残ってます。
私は下手なんだから、だからこそ主人公の恋心が
読者に届くように一生懸命描こう!と、思っていました。

まんが王国
https://comic.k-manga.jp/




[PR]
by ian_hayasaka | 2015-09-09 14:42 | 漫画&生活

電子書籍配信、第2弾

a0107358_21383916.jpg












7/1の「サマージャム」に続き、今度はまんが王国より
「早坂いあん THE BEST オムニバス・ラブ 」
の、配信が始まりました。(2003年刊行のコミックス)

1990年代に別冊フレンドで描いた「読み切り自薦集」です。
3篇ともコミックスになり、すでに配信されてはいますが、
コンパクトに収まったラブストーリー集ですので、
気軽に読んで貰えるとうれしいです。

古い作品はいろんな意味で恥ずかしいのですが、
一度星屑となってしまった作品を
再び世に送り出して貰えるなんて、とても幸せなこと。

この本を発行してくれた集英社(ヤングユー)と、
デジタル配信してくれたまんが王国さんに心より感謝いたします。


まんが王国  http://pc.k-manga.jp/index.html
http://sps.k-manga.jp/link.php?book_id=85606&b=pv





「オムニバス・ラブ」の作品解説はこちらです。
[PR]
by ian_hayasaka | 2015-07-08 08:00 | 漫画&生活



一見くだらないようでいて、するどい洞察力。
東のスチャダラパー、西のウルフルズ、
「男の子には敵わないヨ」と敗北感すら沸く
その詞の感性に、いつ聴いても心鷲づかみですよ。




そして、この作品を発表した時、
「ハヤサカさん、今度のはスチャダラですね?」
と、よくわかっている読者の方からメールをいただきました。


サマージャム (マーガレットコミックスDIGITAL)

早坂いあん /集英社

つかみどころがないイーサン、真面目なジンセイ、年上のミキ。
本名も素性も教えないままに、3人は一瞬の夏を駆け抜けた。
切ない青春を描いた『サマージャム’01』ほか、4編を収録。


7月1日、配信スタートです。
主に2001年に描いた読み切り集です。
ぜひぜひ、読んでください💛
以下、収録読み切りの解説です。


「サマージャム」

2001年の夏に描いた80p前後編。
このお話をいただいた時、緊張のあまり胃がひっくり返りました。
その上、80pも描けるネタを持っていなかったので、さぁ大変。
どうするどうする・・・。
私の場合、困ったときは「男の子を主人公」にしちゃいます。
その方が断然描きやすいので、昔から困ってなくても
よく男の子を主人公で描いていました。
(全然、人気は取れないんだけど・・・)


ただ、ちゃんとラブストーリーにしようと思っていた。
どろどろの三角関係ではなく、しっかり「正三角形」にしようと。

そして、担当さんからの要望、
「前篇の最後はインパクトのある引きにしてほしい。
この際、人が●●●してもいいので」

ええ?!●●●してもいいの・・・?!

私にとって、それは初めての試み。
少女漫画では禁止とはいわないまでも、
使わない方がいい設定だと教えられていたから。

こうして出来上がった作品なのですが、
たくさんのミュージシャンの名前が出てきます。
この件に関しては、また、後日。



「トーキョー♡オーサカ」

「ヤングユー」に初登場した時の読み切りです。
カラーまでつけていただいて、うれしかったなぁ・・・。
しかし、読み返すとこんなアホな話だったのかと。すみません。
私自身「遠距離恋愛経験者」ですが、こんなアホなことはなかった。
「関東の人が関西に嫁いだら驚くことばかりだろうな」と
そう思った事がきっかけで出来た作品です。
難しいことは考えず、さら~っと読んでください。


「可南子日誌」

「高校生の男の子が描きたい、雪が描きたい」
・・・という理由で作った作品。
これを描くために、当時公立高校で事務の仕事をしていた、
アシスタントのu子ちゃんにお願いして、
保健室の取材をさせて貰ったのです。
美人の保健の先生にお話を伺ったり、楽しかったな!
40pほどの短い読みきりなので、
取材をした業務内容を描けなかったのは残念でしたが、
久しぶりに立ち入った、冬の校舎の空気感。
懐かしかった。
行くと行かないとではずいぶん作品の雰囲気は違っていたかもしれません。



「ヌーディストピーチ」

初めて16pという短編に挑戦しました。
このコミックスのページ合わせだったと思います。
内容は、初めての彼ができた大学生の女の子のお話。
いわゆる青春グラフィティ。



[PR]
by ian_hayasaka | 2015-07-01 00:00 | 音楽と作品(回顧録)