タグ:ペンネームの由来 ( 2 ) タグの人気記事

こちらでは最後の更新です


10年お世話になったこちらのブログから
新しいブログへお引越しします。
しばらくはお仕事の情報だけを更新していく予定です。
ブックマークして時々覗きに来ていただけるとうれしいです。



そして、こちらのブログは年末まで公開してその後削除いたします。
思い出深い記事は大事に保存しています。
この10年間関わってくださった方々に心より感謝いたします✨


さて、最後の記事はペンネームの由来その2
「名字編」です。


a0107358_15022283.jpg


中学生の時、ふらりと立ち寄ったコンビニで山下和美先生の新連載
「BOY」がスタートした週刊マーガレットを手に取りました。
私は主人公の「早坂真太郎」くんに一目ぼれして
「BOY」の最終回まで週刊マーガレットを購読しました。

この早坂真太郎くんが当時お熱を上げていたバンドの
Echo&TheBunnymenのイアン・マッカロクと同じつんつん髪の毛
というのもありましたが、チェックのシャツを着た姿なんて本当にそっくり!
「いあん」の由来の記事にも書きましたが当時は空前の洋楽ブームで
Japan、デビッド・ボウイ、デュラン・デュラン、ハノイロックスなどなど、
少女漫画家のインスピレーションを刺激する美形ミュージシャンが
たくさんいました。

イアン・マッカロクもそのひとりで、
当時の私は熱を上げていた人物の名前をなんの躊躇もなく
くっつけてペンネームにしたわけです。
(…若かったからできたことですね…)


a0107358_15152417.jpg
a0107358_15175324.jpg
a0107358_15192582.jpg
これ。




大変申し訳ないことですm(_ _)m💦

と、いうことで次回のお仕事情報は新しいブログで。
どうぞよろしくお願いいたします。



[PR]
by ian_hayasaka | 2018-10-31 00:00 | 漫画&生活

ペンネームの由来


「由来」なんてほどではありません。
ミーハー少女が半ばふざけてつけたペンネームが
今に至ります。



PVの方が画像は綺麗だけど、終始イアンを拝めるこれで。


Echo and the Bunnymen - Bring on The Dancing Horses


80年代中盤から後半にかけて、
少女漫画界にこのようなナイーブな風貌の男の子が席巻したと
言ったら大袈裟かしら?
あえてお名前は挙げませんが、何人もの著名な作家さんが
イアン・マッカロクをモデルに描いておりました。
なのに、私はペンネームにした割には、イアンをモデルにした男の子は
描いてないんです。
理由は「髪ベタ」が苦手だったから…という105.png
四方八方につんつんしているので、テクニックがある人でないと
非常に厳しい髪型なのであります。


a0107358_00300987.jpg
















カワイ♥


ペンネームの話に戻りますと、
デビューが決まり、当時の編集長からはペンネームを本名にするか、
変えるかにしなさいと言われていたのですが、
初代担当が若いロックな兄ちゃんで(今やすっかり偉い人)
「オレ、バニーメン好きだからこれでいい。このまんまでいくから。」
の一声で決まり。

投稿時代は「いあん」を漢字にして「維杏」。
もう「そこんとこ夜露死苦(よろしく)」と同レベルの世界ですわ。(笑)
中三の時につけたペンネームだけど、精神は中二病真っただ中。
でも、なんと中国語版のコミックスはこの漢字表記のペンネームなんですよ。

ま、インパクトだけはあったと思います。
本当にたくさんの人から「なぜ?なぜなの?」と言われ続けてきましたから。
今も訊かれたら、上記の説明をします。

ちなみに「いあん坊」とあだなを付けたのは
編集部ではなく、ひうらさとる先生です。
自分の事を「さと丸」。
そして、上田美和先生を「美和ぽん」と
名付けたのもひうら先生です。

じゃあ普段も「いあん坊」と呼ばれていたかと言いますと、
ううん、初対面から「ハヤサカ」って呼び捨て。(笑)
私は敬意を込めて「ひうらさん」「上田さん」と呼んでいるのに
せんぱいたちは「ハヤサカ」って、今も呼び捨てですからー!




[PR]
by ian_hayasaka | 2015-12-08 00:00 | 音楽と作品(回顧録)

早坂いあん(漫画家)


by 早坂いあん
プロフィールを見る