早坂いあん「セキララ日記」


主に日常のあれこれを
by 早坂いあん
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:pinky a gogo ( 3 ) タグの人気記事

作品の話をもうすこし。



「Pinky a Go Go」①巻②巻の無料配信終了いたしました。
読んでくださった皆さま、ありがとうございました(^^)


なんと、私もダウンロードしましたよー。
というのも、
うちには「Pinky a Go Go」の紙書籍が全巻揃ってないのです…。
(な、なぜだろう?^^;)
欠けている巻だけ電子書籍というのもどうかなと思い、
この機会に思い切って大人買い。
自分で自分のコミックスを買うという、
罪悪感にも似たなんとも微妙なこの気持ち笑



と、同時に心の底から沸き上がったのは
過去に紙書籍を、そして今電子書籍で購入してくださったみなさま
本当にありがとうございます(ToT)✨

そしてそして、頼りに頼りまくっていた
当時の担当さんとアシスタントさんの存在なくして
私の作品は世に出ませんでしたので、
しみじみと手を合わせて感謝(ToT)✨…です。



業界を舞台にしたこの作品(…と、「ADアイコ」)は
背景も小道具もトーン処理も大変手間がかかり
私のつたない指示によく応えてくださっていたなと、
まるで余裕のない私によくぞ頑張ってついてきてくれたなと…。
今でも連絡が取れる当時のアシスタントさんと
近いうちに会いたいなぁとか…いろいろな想いが巡りました。



今後、「Pinky a Go Go」がこのようなフェアに
参加させていただく機会があるかというと、
んー、どうでしょう?
25年も前の、時代背景が今と全く異なる業界ものですので
なかなか難しいところで…。
これが最後だとしても2回も取り上げてくださったことを
とても光栄に思います。



過去の作品については、(新作もですが)
宣伝を見かけて気になったら無料お試しを読んで、
続きが気になったらレンタルでも(^^)
もし、気に入ってくれて電子書籍で購入なんてことに
なったら私は飛び上がって喜びます。
(美容院の漫画好きのお姉さんにこの方法をお勧めされてますw)




余談ですが、90年代世界を席巻したスーパーモデルのひとり
大好きなクラウディア・シファーのインタビュー、
今も当時のスーパーモデルと仲良くしているとのことで
微笑ましかったな~。
あと、「デジタルの時代は何もかもが速い」のくだり、
うんうんうんうん……ですね~。







ということで、気がつけば10月も半ばに🍁
いよいよ生活周辺が慌ただしくなってまいりましたので
少しの間Twitterをお休みさせていただきます。
時々息抜きで動いている時もあるかもしれませんが、
新作の発表は年内はありません。


次は秋田書店の初めて載せていただく雑誌
【恋愛LoveMAX】さんです。
40ページ読み切りです。
年明けにまたあらためて告知しますね。


ではでは~(^^)


追記11/14





[PR]
by ian_hayasaka | 2017-10-13 00:00 | 漫画&生活

「Pinky a Go Go」①~②巻、ただいま無料です

「Pinky a Go Go」3年ぶりくらい?
2度目のフェアに参加させていただいております。
前回は①巻だけでしたが、今回は②巻まで。
10月12日までです。 (終了しました)
お気に入りの電子書店さんで是非どうぞ(^^)






1993年、別フレ10月号からの連載スタートだったと思います。
連載開始前は全③巻の予定で打ち合わせをしていました。
たしか、年が明けたくらいにもう少し続けようと
編集部から伝えられ、
私の中でもどんどんキャラクター達が育っていたので
願ったりかなったり。
出来る限りの取材を重ね描き続けた結果、
自己最長の全⑨巻、長期連載となりました。


③巻までは当初の予定通りにお話を進めているので、
わりと早い段階でカップル成立しております。
1部はモデルからスタイリストへ転身&恋💕
2部はニューヨーク編&恋💕
3部は東京に戻り「スタイルリミックス」誌立ち上げ編
たまきと仲間たちのその後。

③巻までの予定だった物語が⑨巻までどう展開したのか、
初見の方も懐かしく思い出してくださる方にも楽しんでいただけたらと
思います。





[PR]
by ian_hayasaka | 2017-09-29 17:00 | 漫画&生活

「別冊フレンド名作LOVE祭り」



a0107358_18333015.jpg


「Pinky a gogo」(全9巻)の1巻が無料配信中です。016.gif


ざっと解説すると、
この作品は、モデルの仕事にいまいちピンとこない主人公「たまき」が
トップモデルのヒサシに導かれ、
スタイリストという仕事の面白さに目覚めていく、
ファッションの世界を描いたお話です。

毎回の見どころは、たまきがモデルの経験を生かし、
自分でスタイリングした洋服を着こなし、
無理難題に挑むシーンです。
その都度仲間に支えてもらい、知恵を貸してもらい、
片思いの相手ヒサシに認めてもらうために
たまきは登りつめて行きます。


ぶっちゃけますと、
トップモデルのヒサシとは3巻あたりで結ばれます。
ヒサシにも夢があり二人三脚で仕事をしていくことを夢見ます。


しかし、そこは少女漫画。
二人の仲を揺るがすほどの才能を持った、
「ケン」というフォトグラファーが登場します。
仕事のステップアップの為にニューヨークに渡った二人は、
ケンと出会い仕事をすることに。
再度描きますが、そこは少女漫画。
ヒサシ、ケン、たまきの三角関係が仕事にも絡んで行き、
「LOVE祭り」中心でお話が回ります。


ヒサシとの恋は破たんし、ケンに行っちゃうのか?!
・・・の、ケンとたまきの禁断のラブシーンは6巻です。
そこから先は・・・読んでいただけたらうれしいです。


当時、空前のスーパーモデルブーム。
資料には事欠きませんでした。
編集部の協力で、ニューヨークのコンデナスト社で
取材させてもらったりと夢のような経験をさせていただきました。
(世界一のファッション誌VOGUE等を発行している出版社です)
9巻のおまけのページにはその時の写真を掲載しております。


この連載をしていたのが、もう20年も前になるとは本当に驚きます。
自己最長連載だったので、とにかく思い出がいっぱい。
どの作家さんもきっとそうだと思うのですが、
魂を注いで描いたキャラクターというのは、
まるで実在する自分の親友のような感覚で、
今も色鮮やかに彼らが蘇ります。
「今描いたらどうなる?!PINKY~のメンバー」など、
また、日を改めて描いてみたいなー。(期待せずに待っていてください・・・)


他、
「セブンティーン・グラフィティ」
「ハートにつきさされ」
「噂のふたり」
「教えてあげない」
「大人の女はラクじゃない」(kissの作品)
「ADアイコ」(kissの作品)


とまぁ、とてもとても懐かしい作品をいっぱい紹介していただいております。



「別冊フレンド」は1985年4月号のデビューから
1999年夏まで執筆した、私を育ててくれた雑誌です。
来年3月に30周年を迎えます。
この間、ブランクがあるので胸を張って30周年とは言えないのですが、
今もこうして漫画を描いていられることをとても幸せに思います。




[PR]
by ian_hayasaka | 2014-05-30 19:06 | 漫画&生活
最新情報
★新作読み切り
来年1/9発売
秋田書店『恋愛LoveMAX』2月号

★最新刊
集英社OfficeYOUコミックス
「メゾン・ド・フルールの女たち」全2巻

★イラスト置き場

📧お問い合わせはこちらです
ライフログ
以前の記事