タグ:電子書籍 ( 13 ) タグの人気記事

「Aztec camera」
1980年代初頭、ネオアコースティック・ムーブメントの中核的存在でした。

この曲を初めて聴いた時から30年余り。
今でも、ロディ・フレイムが私の青春であり心の王子様であることに変わりはありませ~ん。

Walk out to Winter


↑上がっては削除されを繰り返している動画なので、
突然観られなくなる可能性大です。懲りずに貼りますよー。

当時、中学生だった私のお小遣い3000円は、毎月ではなかったにしろ
2500円で洋楽のアルバムを買い、残り500円で「ミュージックライフ」という
洋楽情報誌を買って無くなりました。
ほんのり色が付くリップクリームも欲しいお年頃ではありましたが、
それよりも何よりも、音楽が聞きたくて、毎日毎日FMを流していました。
そして、「ん?これは・・・!」という曲は録音ボタンを押して、
曲の途中からでもカセットに収めたりして、ある程度は満足して聴いていました。
しかし、アズテックカメラのこの曲を初めて聴いた時、
エアチェックした音源では物足りず、私は次の日お小遣いを握りしめて
レコード屋に走っていました。

漫画を描く道具は、この頃はまだ持ってなくて
絵はもっぱら、安い束で売っている大学ノートに描いてました。
B4の真っ白な紙に、思いっきり絵を描くのが夢でしたね~。
でも、当時の私にとってそれは2500円のレコードよりも贅沢だったんです。

コマを割った漫画を自己流で描いてはいましたが、
物語を最後まで完成させた事は一度もなく、
将来はデザインの仕事に就くのでは?とか、洋服を扱う仕事もいいななど、
ぼんやり考えていて、絶対に漫画家になる!・・・とは思っていませんでした。

・・・が、中3の時に大きなきっかけがあって、
とある少女誌の大阪で開催される移動漫画教室に招待されたんです。
(女の子のイラストを描いて送ったら呼んでもらえました)
そこで、「できる範囲でいいからストーリー漫画を描いて持ってきて」と
編集さんに言われたんです。
すると、俄然母が協力的になり、5000円分の漫画の道具を買ってくれました。
真っ白なケント紙、必要最低限のスクリーントーン、ペン先、インク。
すごく嬉しかったことを覚えています。

昼間は学校があるので、当然作品は完成させられなかったけれど、
「頑張れば、高校2年生の終わりにはデビューできるかもしれない」と
編集さんに言われ、そこで初めてプロの道への現実味が帯びてきた、
そんなスタートでした。
当時は高校生で漫画家デビューってちっとも珍しくなかったんですよ。

しかし、後押ししてくれた雑誌には2本投稿しただけで、
ずっと読み続けていた講談社の雑誌にターゲットを変えました。
なんと、「なかよし」に投稿してたんですよ。
でも、自分の年齢も上がり、等身大の物語が描きたいと思い始め
「別冊フレンド」にシフトしたわけです。


直貼り出来ず。よければ飛んで観てください。


そして、この曲と、ついでに書くとTears For Fearsの「 head over hills 」を
聴くと漫画賞の授賞式で初めて東京に行った時の、当時の新宿や原宿や
講談社近辺の空気が蘇ります。
あ、あと、ここで書いたNick Heywardですね。
それほど作画のお供に聴いていたのでしょうね。



1992年に描いた60p読み切り「ラヴァーズ・ロック」の作中で
アズテックカメラの「Deep & Wide & Tall 」を使わせていただきました。

一般にラヴァーズ・ロックというと、甘美な恋愛を唄った
レゲエのサブジャンルの事で、アズテックカメラの括りとは違うのですが、
この場合「恋人たちのうた」的なニュアンスでタイトルを解釈していただけると
ありがたき幸せ。
当時、たしかジャネット・ケイなんかも聴いていたので、
主人公の名前を「ケイ」にしたのだったかな?
良いですよね、ラヴァーズ・ロックも。

私の作品の「ラヴァーズ・ロック」は、
まだ駆け出しの無名の小説家の主人公と、
音楽業界で芽の出始めた彼とのラブストーリーです。
今なら、彼の成功を手放しで喜んであげられるけど、
22~23歳くらいの私はこんな感じで物事を捉えていたのだな。
ふ~ん、へぇ~。ほんと、恥ずかしいワ・・・。
そう思うと、自分の漫画って日記を読まれてる感覚ですね。

この作品でアズテックカメラの曲を使ったのはなぜだろう、と思い出してみた。
本来ならばもっとべたべたのラブソングの方がしっくりくるはずなんだけど、
何が何でもアズテックカメラを使いたかった。

それはきっと、アズテックカメラをよく聴いていた駆け出しの頃の自分と、
成功を夢見るこのお話のカップルを重ねたかったんだと。



ラヴァーズ・ロック

早坂いあん /講談社

1992年作品。読み切り全3編収録


古い作品ですが、よろしければ読んでやってください。(←低姿勢)


[PR]
嬉し恥ずかし電子版配信の「メゾン・ド・フルールの女たち」ですが、
この作品は基本的には一話完結の読み切りシリーズで、4話収録されています。
あらすじを書いておきますね。😊 




エピソード1.「理想の家」

リノベーションの仕事をしていた主人公凪子は、自分の手で家族と暮らす理想の家を作るのが夢。
その夢を叶えるべく、見つけた中古マンションが「メゾン・ド・フルール」。
最上階に住む、地元の名士の娘でありこのマンションの理事長であるセレブ香子と出会います。
無事に引っ越しまでこぎつけたはいいけれど、子どもの幼稚園や
リフォームしたマンションに不具合が出たりなど次々と問題が降りかかり・・・。


(ian坊トーク)
排水管にいたずらした犯人ですが、なんと私の住んでいるマンションで
実際に起こった事なんですよ~。あー、びっくりした。



エピソード2.「プロフェッショナルな女」

第2子のレオを生むまで仕事をしていて兼業主婦だった凪子は、
今の専業主婦の生活に慣れないでいた。
それまで保育園に預けていた長女寧々を幼稚園に編入させたはいいが、そこでのママ友関係にも悩む。
その凪子に追い打ちをかけるように、子どもの気がかりな面に気づく。
そこで、マンションの最上階に住む、セレブ香子から指南が入るが・・・。


(ian坊トーク)
息子娘つながりで出来たママ友ちゃん、私にはとてもありがたい存在。
ボケな私はいつも助けてもらってばかり~。
しかし、あくまで「子ども」を介してのおつきあい、
付き合い方次第では神にも鬼にもなりうる、危うい関係であるのはたしかですよね。




エピソード3.「ビターな想い出」
地元の名士の一人娘、イギリス人の夫と国際結婚、双子の息子たち。
何不自由ない香子さんにも実は悩みがあった。
自分の過去を知る人物と、反抗期の息子にイタイところ突かれます。
そして、生活水準も生き方も違う香子と凪子は、果たして繋がり合うことはできるのか・・・?


(ian坊トーク)
この作品を通して私が伝えたかったのは、香子の台詞「私は誰にも何も語らないのに~」のくだり。
「いったいどうしてそんな話になってるの?」みたいなことって、ありますよねぇ・・・。



エピソード4.「アレがない・・・!」

結婚6年目の凪子と、夫の丈志(たけし)は、凪子が第2子のレオを身ごもってから
セックスレス状態に突入。
そろそろ3年目、なんとかしないと!!と焦り始める凪子に、
セレブ香子からスットンキョーなアドバイス・・・。
同じくレス状態を気にしている丈志の前に、同期でかつて想いを寄せていた相手「実果」が、
赤い彗星の如く現れる。


(ian坊トーク)
まぁ、誰にでもある、よくある事情でそうなった・・・と。
もちろん、そうでない人もいるし、もっと長くレスの人もいる。
基準として月に一度もなければレス認定とか言われてますが、
何が基準や余計なお世話やと小一時間・・・(憤怒)。
すべては人の価値観であり事情であり、夫婦十組あれば十色ですよねぇ?


巻末
おまけのページ2pで私生活のことを少し。



よろしくお願いいたします。😊





*2016/5 最終更新









[PR]
by ian_hayasaka | 2015-01-16 16:27 | 漫画&生活


a0107358_18333015.jpg


「Pinky a gogo」(全9巻)の1巻が無料配信中です。016.gif


ざっと解説すると、
この作品は、モデルの仕事にいまいちピンとこない主人公「たまき」が
トップモデルのヒサシに導かれ、
スタイリストという仕事の面白さに目覚めていく、
ファッションの世界を描いたお話です。

毎回の見どころは、たまきがモデルの経験を生かし、
自分でスタイリングした洋服を着こなし、
無理難題に挑むシーンです。
その都度仲間に支えてもらい、知恵を貸してもらい、
片思いの相手ヒサシに認めてもらうために
たまきは登りつめて行きます。


ぶっちゃけますと、
トップモデルのヒサシとは3巻あたりで結ばれます。
ヒサシにも夢があり二人三脚で仕事をしていくことを夢見ます。


しかし、そこは少女漫画。
二人の仲を揺るがすほどの才能を持った、
「ケン」というフォトグラファーが登場します。
仕事のステップアップの為にニューヨークに渡った二人は、
ケンと出会い仕事をすることに。
再度描きますが、そこは少女漫画。
ヒサシ、ケン、たまきの三角関係が仕事にも絡んで行き、
「LOVE祭り」中心でお話が回ります。


ヒサシとの恋は破たんし、ケンに行っちゃうのか?!
・・・の、ケンとたまきの禁断のラブシーンは6巻です。
そこから先は・・・読んでいただけたらうれしいです。


当時、空前のスーパーモデルブーム。
資料には事欠きませんでした。
編集部の協力で、ニューヨークのコンデナスト社で
取材させてもらったりと夢のような経験をさせていただきました。
(世界一のファッション誌VOGUE等を発行している出版社です)
9巻のおまけのページにはその時の写真を掲載しております。


この連載をしていたのが、もう20年も前になるとは本当に驚きます。
自己最長連載だったので、とにかく思い出がいっぱい。
どの作家さんもきっとそうだと思うのですが、
魂を注いで描いたキャラクターというのは、
まるで実在する自分の親友のような感覚で、
今も色鮮やかに彼らが蘇ります。
「今描いたらどうなる?!PINKY~のメンバー」など、
また、日を改めて描いてみたいなー。(期待せずに待っていてください・・・)


他、
「セブンティーン・グラフィティ」
「ハートにつきさされ」
「噂のふたり」
「教えてあげない」
「大人の女はラクじゃない」(kissの作品)
「ADアイコ」(kissの作品)


とまぁ、とてもとても懐かしい作品をいっぱい紹介していただいております。



「別冊フレンド」は1985年4月号のデビューから
1999年夏まで執筆した、私を育ててくれた雑誌です。
来年3月に30周年を迎えます。
この間、ブランクがあるので胸を張って30周年とは言えないのですが、
今もこうして漫画を描いていられることをとても幸せに思います。




[PR]
by ian_hayasaka | 2014-05-30 19:06 | 漫画&生活