えーと…まず。

只今、オフィスユー7月号に
「恋とナオミと珈琲と」第2話が掲載されています。
よろしくお願いいたします。\(^o^)/



コーヒーを絡めた恋のお話ということで、
コーヒーの特徴を調べながら描いているのですが、
やはりいつでも質問できる専門家の力も借りたいわ、と
弱音を吐いていたところに、
Twitterで偶然にもあるカフェオーナーさんが
フォローしてくださいました。

さっそく飛んでリンクを辿り、ブログなどを読み進めていくと、
これが、とってもユニ〜ク!


店長は漫画も描くよ、カフェも漫画をコンセプトにしているよ、
むろんコーヒーにもこだわっているよ!と言う事で
これはぜひお店に行ってみたい、店長と話をしてみたいと思い、
店長にコンタクトを取り、先日cafe.gallery タロイモへ!


想像していたよりも、ずっとお若かった店長の白川タロイモさんは
ギャグ漫画家さんで、お店の傍らマイペースにご自身のTwitterで
作品を発表しています。過去の作品もHPに載せておられます。
http://shirakawataroimo.web.fc2.com/

店内は一緒に行ってくれた友人が上手に写真を撮ってくれているので
こちらのブログをクリックしてご覧くださいませませ。(^^♪





まず、お店のメニューを見て何に惹かれたって、
カフェのオリジナルブレンドが
「Gペンブレンド」「丸ペンブレンド」
http://cafegallery-taroimo.com/mmenu.html

何事も発想ね・・・。ほんまに感心するわ。

お店のオリジナルパンケーキでもあるタロイモのパンケーキも
タロイモを練りこんであるのでうっすらかわいいピンク色。
もちもちで美味しかったですよ〜。✨

ネタバレになるのでここでは詳しくは書けませんが、
営業時間内にも関わらず(すみません!)
コーヒーのお話を楽しく聞かせていただき、
さらには、タロイモさんが修行したという師匠の
焙煎工場までも紹介して頂き、本当に有難い事です。(ToT)

今後、「恋とナオミと珈琲と」が続けられそうならば
必ずやお世話になるかと…!!


…ふぅ。

そして、帰り際に大恐縮過ぎる出来事が…。





ぎゃぁ、
すみません!

私、さんざん「買って~読んで~」と宣伝しておりますが
いざ「買いました!」と言われると、心底申し訳ない気持ちになるぅ…。
購入してくださったのが男性だからというのもありますが…、
あ、そうそうこれも書いておかねば。

なんと「cafe.galleryタロイモ」の副店長さんがナオミさんという
お名前だったのです!
(だから、フォローしてくださったみたいなのです。)
副店長のナオミさんは私が描くナオミさんとはまるで正反対で、
奥ゆかしくてとても可愛らしい方ですよ。(^^)


そして最後に。
タロイモさんのブログを辿るとわかるのですが
タロイモさんのおじいさまが、昭和生まれのテレビっ子なら
誰もが知っている超有名な方でありまして…これにも驚きました(涙目)
なるほど、描く事は必然、血筋ですね。

ともあれ、店長のタロイモさんが淹れる美味しいコーヒーと
ナオミさんと共に作る美味しい軽食。

お近くの方、是非是非行ってみてくださいね。
私もまた行きます♪


cafe.galleryタロイモ
大阪市中央区瓦屋町1-8-11(竹内志朗アトリエ 1F)
営業時間:9:00~19:00
定休日:火曜日/第1・第3水曜日
https://mobile.twitter.com/cafe_taroimo


[PR]
by ian_hayasaka | 2016-05-30 14:20 | 漫画&生活


Office you 6月号に「メゾン・ド・フルールの女たち」、
第8話を掲載しています。


一身上の都合により、
4月号は寧々が主人公のショート(第7話)でしたので、
本筋からずいぶん開いてしまいました。すみません・・・。


なので、ここはひとつ親切に!
2月号のあらすじを下に明記しておきます。
よろしければ、どうぞ。^^

1巻のあらすじはこちらです。




第6話あらすじ
[PR]
by ian_hayasaka | 2015-04-22 09:21 | 漫画&生活
嬉し恥ずかし電子版配信の「メゾン・ド・フルールの女たち」ですが、
この作品は基本的には一話完結の読み切りシリーズで、4話収録されています。
あらすじを書いておきますね。😊 




エピソード1.「理想の家」

リノベーションの仕事をしていた主人公凪子は、自分の手で家族と暮らす理想の家を作るのが夢。
その夢を叶えるべく、見つけた中古マンションが「メゾン・ド・フルール」。
最上階に住む、地元の名士の娘でありこのマンションの理事長であるセレブ香子と出会います。
無事に引っ越しまでこぎつけたはいいけれど、子どもの幼稚園や
リフォームしたマンションに不具合が出たりなど次々と問題が降りかかり・・・。


(ian坊トーク)
排水管にいたずらした犯人ですが、なんと私の住んでいるマンションで
実際に起こった事なんですよ~。あー、びっくりした。



エピソード2.「プロフェッショナルな女」

第2子のレオを生むまで仕事をしていて兼業主婦だった凪子は、
今の専業主婦の生活に慣れないでいた。
それまで保育園に預けていた長女寧々を幼稚園に編入させたはいいが、そこでのママ友関係にも悩む。
その凪子に追い打ちをかけるように、子どもの気がかりな面に気づく。
そこで、マンションの最上階に住む、セレブ香子から指南が入るが・・・。


(ian坊トーク)
息子娘つながりで出来たママ友ちゃん、私にはとてもありがたい存在。
ボケな私はいつも助けてもらってばかり~。
しかし、あくまで「子ども」を介してのおつきあい、
付き合い方次第では神にも鬼にもなりうる、危うい関係であるのはたしかですよね。




エピソード3.「ビターな想い出」
地元の名士の一人娘、イギリス人の夫と国際結婚、双子の息子たち。
何不自由ない香子さんにも実は悩みがあった。
自分の過去を知る人物と、反抗期の息子にイタイところ突かれます。
そして、生活水準も生き方も違う香子と凪子は、果たして繋がり合うことはできるのか・・・?


(ian坊トーク)
この作品を通して私が伝えたかったのは、香子の台詞「私は誰にも何も語らないのに~」のくだり。
「いったいどうしてそんな話になってるの?」みたいなことって、ありますよねぇ・・・。



エピソード4.「アレがない・・・!」

結婚6年目の凪子と、夫の丈志(たけし)は、凪子が第2子のレオを身ごもってから
セックスレス状態に突入。
そろそろ3年目、なんとかしないと!!と焦り始める凪子に、
セレブ香子からスットンキョーなアドバイス・・・。
同じくレス状態を気にしている丈志の前に、同期でかつて想いを寄せていた相手「実果」が、
赤い彗星の如く現れる。


(ian坊トーク)
まぁ、誰にでもある、よくある事情でそうなった・・・と。
もちろん、そうでない人もいるし、もっと長くレスの人もいる。
基準として月に一度もなければレス認定とか言われてますが、
何が基準や余計なお世話やと小一時間・・・(憤怒)。
すべては人の価値観であり事情であり、夫婦十組あれば十色ですよねぇ?


巻末
おまけのページ2pで私生活のことを少し。



よろしくお願いいたします。😊





*2016/5 最終更新









[PR]
by ian_hayasaka | 2015-01-16 16:27 | 漫画&生活