<   2015年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今年も残りわずかとなりました。
大掃除を家族に任せて、一行も進まないパソコンの前に
しっぽりと座っております。

来年に向けて、環境を整えたり考えたり、
それに伴い、手を差し伸べてくれた方たちの
暖かさに触れほんわかしているところに、
2015年、とどめの嬉しい出来事が!

・・・自慢してもいいですか?

・・・いいですね?


じゃじゃーーーん!

a0107358_14202548.jpg
















ミュージシャン、つじあやのさんからの直筆のお手紙とCD!!


「お母さん、すげーー!」と家族一同、
特に息子がことのほか興奮しております。ヾ(*´∀`*)ノ
ジブリの「猫の恩返し」の主題歌、「風になる」
そして関西人にはお馴染み、京阪電車のCМソングでも
(もちろん、全国展開のCМでも!)
あやのさん、息子世代にも浸透しております。
そして、娘と一緒に歌って踊った
「しまじろうのみんなのきらきらぼし」
おかあさんといっしょの月うただった「しわしわしわわ」
かわいくて大好き!


事の発端は、あやのさんのこのブログの記事です。
かねてからブログは読んでいたのですが、
この記事を読んで、心底びっくり!
「私もお返しファンレターを書きたい!」と思い、
でもやはり、なかなか勇気が出ずぐずぐずしていたところを
家族に背中を押され、コミックスといっしょに手紙を
送った次第です。

そしたら、このようなお返事をいただき・・・とても感動しています。
優しい歌声にお人柄が表れているというものです。

手紙には、あやのさんが好きだったという
ラバーソウルを履いた男の子を描きました。

細めの学ランにラバーソウル!
こんな格好をした男の子を初めて見た時の衝撃は忘れません。
「おしゃれ!描きたい!」って。
80年代の青春だなぁ~。
久しぶりに描いたら、やっぱり楽しかったです。
案外、一番私らしいのかもしれません。

19歳の時、
大阪のアメリカ村と、老舗のインド茶屋「カンテグランデ」を
舞台に描いた「むじゃきな関係」という作品は、
本当に本当~~に稚拙なんですけれど、
好きと興味だけを前面に出した、嘘のない当時のワタシ。
なにより、今に至ってもいろいろな人との出会いをつなげてくれる
漫画だなぁとしみじみ思います。



透明感のあるとても美しい声と、心洗われる楽曲。



「あ、知ってる!」という曲がきっとありますよ~!

Oh!SHIGOTO Special

つじあやの/ビクターエンタテインメント



「懐かしい!私も読んでた!」という方のみ、是非どうぞ♥

「むじゃき」な関係 (講談社コミックスフレンド B)

早坂 いあん/講談社

1988年作品。(1989年コミックス刊行)「yahoo!ブックストア」などの一部の電子書店にて配信中です。









[PR]
by ian_hayasaka | 2015-12-29 15:00 | 漫画&生活

「由来」なんてほどではありません。
ミーハー少女が半ばふざけてつけたペンネームが
今に至ります。



PVの方が画像は綺麗だけど、終始イアンを拝めるこれで。


Echo and the Bunnymen - Bring on The Dancing Horses


80年代中盤から後半にかけて、
少女漫画界にこのようなナイーブな風貌の男の子が席巻したと
言ったら大袈裟かしら?
あえてお名前は挙げませんが、何人もの著名な作家さんが
イアン・マッカロクをモデルに描いておりましたよ。
なのに、私はペンネームにした割には、イアンをモデルにした男の子は
描いてないんですよね。
理由は「髪ベタ」が苦手だったから、というね。
四方八方につんつんしているので、テクニックがある人でないと
ヒジョーに厳しい髪型なのであります。


a0107358_00300987.jpg
















カワイ♥
けれど、角度によってはMr,ビーンのような時も。
ま、そこはイギリス人だから。


ペンネームの話に戻りますと、
デビューが決まり、当時の編集長からはペンネームを本名にするか、
変えるかにしなさいと言われていたのですが、
初代担当が若いロックな兄ちゃんで(今やすっかり偉い人)
「オレ、バニーメン好きだからこれでいい。このまんまでいくから。」
の一声で決まり。

投稿時代は「いあん」を漢字にして「維杏」。
もう「そこんとこ夜露死苦(よろしく)」と同レベルの世界ですわ。(笑)
中三の時につけたペンネームだけど、精神は中二病真っただ中。
でも、なんと中国語版のコミックスはこの漢字表記のペンネームなんですよ!

ま、インパクトだけはあったと思います。
本当にたくさんの人から「なぜ?なぜなの?」と言われ続けてきましたから。
今も訊かれたら、上記の説明をします。

ちなみに「いあん坊」とあだなを付けたのは
編集部ではなく、ひうらさとる先生です。
自分の事を「さと丸」。
そして、上田美和先生を「美和ぽん」と
名付けたのもひうら先生です。

じゃあ普段も「いあん坊」と呼ばれていたかと言いますと、
ううん、初対面から「ハヤサカ」って呼び捨て。(笑)
私は敬意を込めて「ひうらさん」「上田さん」と呼んでいるのに
せんぱいたちは「ハヤサカ」って、今も呼び捨てですからぁ~!




[PR]