早坂いあん「セキララ日記」


主に日常のあれこれを
by 早坂いあん
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:漫画&生活( 23 )

石鹸のようなにおい



今までで一番印象に残っている褒め言葉があります。
それは「pinky a gogo」を担当してくださった編集さんの言葉、


「早坂さんの作品からは石鹸のような良いにおいがする」


…です。
かれこれ20年以上前の話です。


清潔を意味する表現に、
上手いとか面白いと言われるよりも(ま、言われないですけどね)
ずっとずっと嬉しくて、この言葉のイメージを大切にして
漫画を描いていこう、と肝に銘じたのでした。


そして先日、ネットでちょっと探し物をしていたら
私の作品について書いてあるっぽいとあるブログに引っかかりました。
普通はスルーするのですが(悪口だったら落ち込むので💦)
でも、この日は不思議と導かれるように、
なんとな~~~く恐々開いてみたら、
とても熱く「pinky a gogo」について語ってくれていたのです。
そして、最新刊の「メゾン・ド・フルールの女たち」も
手に取ってくださっていました。


その内容がもう嬉しくて嬉しくて嬉しくて…!
思わずコメント欄にお礼書きこんじゃいましたよね✨(反則)


その節は驚かせてしまってすみません…mさん!
でも、その後も気さくにコメント欄でやり取りして
くださいましたよ~\(^o^)/


そのmさんの文章がとても上手くて読みやすくて、
こりゃ~本気のパッションだわと十分伝わってきたのでありますが、
彼女の言葉が嘘じゃないと思わせてくれたのが、
この部分でありました。(コメント欄の一部抜粋)



a0107358_14075398.jpg


「せっけん」!



ぼろぼろになりながら作品創りを共にした担当さんと、
ぼろぼろになるほどpinky~を読みましたと言ってくださる
真摯な読者さまの感想が一直線上にあるなんて…と。
私、しばらくどきどきしてしまいました。

香りを感じとることはたしかに難しい、
解釈も人それぞれですものね。

今、結構大変な状況にある漫画業界、
復帰して丸3年、日々驚くことばかりでした。
私なんていなくても…と何度も何度も思いました。
(いつもまぁまぁそう思ってますw)


mさんのブログを見つけた時も
わりと落ち込んでいた時期なので、
なぜ偶然そこへたどり着いたのかと、
不思議な気持ちになるような…。


mさん、本当にありがとうございます。

何よりも、
錚々たる作家さんの中に私の名前をまぜてくださり
恐縮至極でございます<(_ _)>



ちなみに我が家で使用している洗濯用品は
洗剤はニュービーズジェル、
柔軟剤はハミング、
乾燥機用の柔軟シートはダウニーで~す。



漫画の感想の話については、
もう少し書きたいことがあるのですが、
また次回(^^)




[PR]
by ian_hayasaka | 2016-11-20 14:15 | 漫画&生活

コーヒーアンケート、とても楽しかった!(^^)





上記のアンケート、7月にTwitter上で取らせていただいたものです(^^)
たくさんの方々のご協力により大変貴重なご意見を伺うことが出来ました。
携わってくださった皆様にあらためて御礼申し上げます(^^)


実はちょうどこの日、愛本みずほ先生と梅田でお茶したのですよ。
そこで私が、


「調べてみたら世界的に見るとコーヒーにミルクと砂糖を入れる人が
7~8割もいるらしいんよ。
私の周りはみんなブラック派だし日本だけで見ればきっと
ブラック派の方が
多いよね?Twitterでアンケート取ってみようかのぅ~」


と、軽い気持ちで言ったのです。
すると愛本先生が「こういう時こそアンケートを取る意味がある!
RTしてあげるからやってみたら?」と背中を押してくださったのです。


とても緊張しましたが、ここでやらないとかなり後悔するかも…と
実行した次第です。


すると、どうでしょう!
上記の集計結果、
なんとやはり「砂糖とミルク両方入れる」
一番多かったという…!


へ~へ~へぇ~~!!!でした。


先日、この日記でご紹介した「カフェ・ギャラリータロイモ」の店主さんも
お店では砂糖とミルクを入れる方がほとんどだと教えてくれました。


思い出せば私も20代半ばまでは入れていましたね…。
いつからかブラック一辺倒に…?思い出せないや。
このアンケート以降、またミルクと砂糖入りのコーヒーも
楽しむようになりましたよ。


で、このアンケートを活かしてというのもありますが
おかげで元々の資料通り、作品に堂々と
(日本でも)砂糖を入れる人が多数と描くことが出来ました~。



a0107358_19245769.jpg


アンケートを取って本当に良かった~ぃ!\(^o^)/



そして今回、作中で「和三盆糖」を少し紹介しました。
和三盆糖といえば有名なのは「干菓子」です。
目にも麗しい干菓子、私も資料でいくつか取り寄せていただきました。
ブラックのコーヒーのお伴にもピッタリでしたよ。


和三盆糖は高級なお砂糖ですが自然派に拘ったスーパーでも見かけますし、
今はそれほど家庭から遠いお砂糖というものではないのかもしれません。
最近、隣町の洋菓子店で和三盆糖を使用したロールケーキを発見して、
近いうちに是非試してみたいですね~。


和菓子とコーヒーの組み合わせ、秋にはピッタリ!ということで
今回作品の中で少しでも触れる事が出来てよかったです。



[PR]
by ian_hayasaka | 2016-11-19 19:57 | 漫画&生活

オフィスユー12月号発売しました。



a0107358_10201427.jpg

『恋とナオミと珈琲と』第3話が掲載されています。
2号連続登場、前後編の前編40pです。
どうぞよろしくお願いいたします(^.^)


[PR]
by ian_hayasaka | 2016-10-25 10:25 | 漫画&生活

「セキララ日記」

もう、16年前になりますか。
フリーの漫画家となり、ホームページを立ち上げた時に
ほんとうに毎日毎日赤裸々に日常を記していたのでありました。
今よりも自分の時間がたっぷりあったというのもありますが、
読者の方へのサービス?としてそうしなくてはいけないのだと思い、
書いていました。

今は到底「日記」とはいえないペースですので、
そろそろ変えないと…と思いつつ、もうしばらくこのままで。
すみません。(;'∀')


[PR]
by ian_hayasaka | 2016-06-10 11:00 | 漫画&生活

「珈琲淹れるマンガ描き」さんの素敵なカフェへ!



えーと…まず。

只今、オフィスユー7月号に
「恋とナオミと珈琲と」第2話が掲載されています。
よろしくお願いいたします。\(^o^)/



コーヒーを絡めた恋のお話ということで、
コーヒーの特徴を調べながら描いているのですが、
やはりいつでも質問できる専門家の力も借りたいわ、と
弱音を吐いていたところに、
Twitterで偶然にもあるカフェオーナーさんが
フォローしてくださいました。

さっそく飛んでリンクを辿り、ブログなどを読み進めていくと、
これが、とってもユニ〜ク!


店長は漫画も描くよ、カフェも漫画をコンセプトにしているよ、
むろんコーヒーにもこだわっているよ!と言う事で
これはぜひお店に行ってみたい、店長と話をしてみたいと思い、
店長にコンタクトを取り、先日cafe.gallery タロイモへ!


想像していたよりも、ずっとお若かった店長の白川タロイモさんは
ギャグ漫画家さんで、お店の傍らマイペースにご自身のTwitterで
作品を発表しています。過去の作品もHPに載せておられます。
http://shirakawataroimo.web.fc2.com/

店内は一緒に行ってくれた友人が上手に写真を撮ってくれているので
こちらのブログをクリックしてご覧くださいませませ。(^^♪





まず、お店のメニューを見て何に惹かれたって、
カフェのオリジナルブレンドが
「Gペンブレンド」「丸ペンブレンド」
http://cafegallery-taroimo.com/mmenu.html

何事も発想ね・・・。ほんまに感心するわ。

お店のオリジナルパンケーキでもあるタロイモのパンケーキも
タロイモを練りこんであるのでうっすらかわいいピンク色。
もちもちで美味しかったですよ〜。✨

ネタバレになるのでここでは詳しくは書けませんが、
営業時間内にも関わらず(すみません!)
コーヒーのお話を楽しく聞かせていただき、
さらには、タロイモさんが修行したという師匠の
焙煎工場までも紹介して頂き、本当に有難い事です。(ToT)

今後、「恋とナオミと珈琲と」が続けられそうならば
必ずやお世話になるかと…!!


…ふぅ。

そして、帰り際に大恐縮過ぎる出来事が…。





ぎゃぁ、
すみません!

私、さんざん「買って~読んで~」と宣伝しておりますが
いざ「買いました!」と言われると、心底申し訳ない気持ちになるぅ…。
購入してくださったのが男性だからというのもありますが…、
あ、そうそうこれも書いておかねば。

なんと「cafe.galleryタロイモ」の副店長さんがナオミさんという
お名前だったのです!
(だから、フォローしてくださったみたいなのです。)
副店長のナオミさんは私が描くナオミさんとはまるで正反対で、
奥ゆかしくてとても可愛らしい方ですよ。(^^)


そして最後に。
タロイモさんのブログを辿るとわかるのですが
タロイモさんのおじいさまが、昭和生まれのテレビっ子なら
誰もが知っている超有名な方でありまして…これにも驚きました(涙目)
なるほど、描く事は必然、血筋ですね。

ともあれ、店長のタロイモさんが淹れる美味しいコーヒーと
ナオミさんと共に作る美味しい軽食。

お近くの方、是非是非行ってみてくださいね。
私もまた行きます♪


cafe.galleryタロイモ
大阪市中央区瓦屋町1-8-11(竹内志朗アトリエ 1F)
営業時間:9:00~19:00
定休日:火曜日/第1・第3水曜日
https://mobile.twitter.com/cafe_taroimo


[PR]
by ian_hayasaka | 2016-05-30 14:20 | 漫画&生活

「キュートな事情」配信です。

本日、まんが王国さんより「キュートな事情」の配信が始まりました。
ありがたき幸せ・・・😊
https://comic.k-manga.jp/title/89680/pv


登場人物の3人の名前でもわかるように、
とにもかくにも「大好きピチカートファイブ!」だったあの頃。
漫画描きとしては、まだまだおこちゃまだったワタシ…。😅
お年頃になった幼馴染みの関係、これからどうなるの?的な
超、超~~~王道少女漫画です。
そういえば、今描いているのも幼馴染みものだな。
私自身、転校を繰り返していたこともあり幼馴染みの男の子はいません。
憧れと想像だけで描いています。




キュートな事情 (講談社コミックスフレンド B)

早坂 いあん /講談社

麻美子、康陽、慶太郎は小さいときからいつも一緒。友達に「どっちを彼にすんの?」といわれても、麻美子はこまっちゃうワケ。ところが高校生になってなにかが変わりはじめ……。幼なじみの正三角形がくずれちゃう、そのCUTEな事情とは……!?(1992年4月刊行)






なんて可愛いんだろう、佐々木麻美子さんの歌声♥
今でも聴けば心が躍る初期のピチカートファイブ。
(野宮真貴さん、田島貴男さん時代はこちらで触れています。)




[PR]
by ian_hayasaka | 2016-01-27 13:30 | 漫画&生活

✨うわぁ~✨

今年も残りわずかとなりました。
大掃除を家族に任せて、一行も進まないパソコンの前に
しっぽりと座っております。

来年に向けて、環境を整えたり考えたり、
それに伴い、手を差し伸べてくれた方たちの
暖かさに触れほんわかしているところに、
2015年、とどめの嬉しい出来事が!

・・・自慢してもいいですか?

・・・いいですね?


じゃじゃーーーん!

a0107358_14202548.jpg
















ミュージシャン、つじあやのさんからの直筆のお手紙とCD!!


「お母さん、すげーー!」と家族一同、
特に息子がことのほか興奮しております。ヾ(*´∀`*)ノ
ジブリの「猫の恩返し」の主題歌、「風になる」
そして関西人にはお馴染み、京阪電車のCМソングでも
(もちろん、全国展開のCМでも!)
あやのさん、息子世代にも浸透しております。
そして、娘と一緒に歌って踊った
「しまじろうのみんなのきらきらぼし」
おかあさんといっしょの月うただった「しわしわしわわ」
かわいくて大好き!


事の発端は、あやのさんのこのブログの記事です。
かねてからブログは読んでいたのですが、
この記事を読んで、心底びっくり!
「私もお返しファンレターを書きたい!」と思い、
でもやはり、なかなか勇気が出ずぐずぐずしていたところを
家族に背中を押され、コミックスといっしょに手紙を
送った次第です。

そしたら、このようなお返事をいただき・・・とても感動しています。
優しい歌声にお人柄が表れているというものです。

手紙には、あやのさんが好きだったという
ラバーソウルを履いた男の子を描きました。

細めの学ランにラバーソウル!
こんな格好をした男の子を初めて見た時の衝撃は忘れません。
「おしゃれ!描きたい!」って。
80年代の青春だなぁ~。
久しぶりに描いたら、やっぱり楽しかったです。
案外、一番私らしいのかもしれません。

19歳の時、
大阪のアメリカ村と、老舗のインド茶屋「カンテグランデ」を
舞台に描いた「むじゃきな関係」という作品は、
本当に本当~~に稚拙なんですけれど、
好きと興味だけを前面に出した、嘘のない当時のワタシ。
なにより、今に至ってもいろいろな人との出会いをつなげてくれる
漫画だなぁとしみじみ思います。



透明感のあるとても美しい声と、心洗われる楽曲。



「あ、知ってる!」という曲がきっとありますよ~!

Oh!SHIGOTO Special

つじあやの/ビクターエンタテインメント



「懐かしい!私も読んでた!」という方のみ、是非どうぞ♥

「むじゃき」な関係 (講談社コミックスフレンド B)

早坂 いあん/講談社

1988年作品。(1989年コミックス刊行)「yahoo!ブックストア」などの一部の電子書店にて配信中です。









[PR]
by ian_hayasaka | 2015-12-29 15:00 | 漫画&生活

なつかし漫画、電子配信第3弾!

まんが王国さんより、別冊フレンド時代の作品、
スウィート・ベルベット」全2巻が配信されています。
1993年に描いた連載です。


懐かしくて仕事場から引っ張り出してきました。

表紙は、こんな感じ。

a0107358_14231776.jpg
a0107358_14233151.jpg

兄弟間で揺れ動く女の子のお話です。
この手の大人しい作品は好みがパキッと分かれるかな?
当時、「読んでた!」という方がいましたら、
懐かしんでいただけたら嬉しいです。

私、あまり絵柄変わらないですね・・・。
頑ななまでに、今もクセが残ってます。
私は下手なんだから、だからこそ主人公の恋心が
読者に届くように一生懸命描こう!と、思っていました。

まんが王国
https://comic.k-manga.jp/




[PR]
by ian_hayasaka | 2015-09-09 14:42 | 漫画&生活

電子書籍配信、第2弾

a0107358_21383916.jpg












7/1の「サマージャム」に続き、今度はまんが王国より
「早坂いあん THE BEST オムニバス・ラブ 」
の、配信が始まりました。(2003年刊行のコミックス)

1990年代に別冊フレンドで描いた「読み切り自薦集」です。
3篇ともコミックスになり、すでに配信されてはいますが、
コンパクトに収まったラブストーリー集ですので、
気軽に読んで貰えるとうれしいです。

古い作品はいろんな意味で恥ずかしいのですが、
一度星屑となってしまった作品を
再び世に送り出して貰えるなんて、とても幸せなこと。

この本を発行してくれた集英社(ヤングユー)と、
デジタル配信してくれたまんが王国さんに心より感謝いたします。


まんが王国  http://pc.k-manga.jp/index.html
http://sps.k-manga.jp/link.php?book_id=85606&b=pv





「オムニバス・ラブ」の作品解説はこちらです。
[PR]
by ian_hayasaka | 2015-07-08 08:00 | 漫画&生活

2巻は7月25日発売です。

a0107358_14392866.jpg
と、いうことで、
「メゾン・ド・フルールの女たち」最終話が掲載されているoffice you8月号が
発売しております。「女たち」?いや、「男たち」?
嫁の凪子が物わかりが良い分、手ごわい実果&香子に翻弄される丈志が
いよいよケリをつけます。


今だから言えるワ。

20p~30pあたり、見るのも描くのもイヤでイヤでイヤで・・・。
たった10pの下絵に丸2日。
ペン入れも一番最後に後回し、仕上げも最後までノロノロノロ・・・。

「暴れ馬をなだめているだけっすよ」と、助っ人真里奈さんもそんな私にポカン状態。
感情移入できないというよりは、感情移入しすぎてイヤだったのかな。
まぁ、相手あっての恋愛ですから、終わらせるのは簡単じゃないですよね。


只今、2巻のおまけのページを描いています。
今回は3ページ。
おまけのページが苦手な私が3ページも・・・!
心を込めて描いています。

発売したら、詳細はまたここで改めて。

ではでは056.gif



[PR]
by ian_hayasaka | 2015-06-30 00:00 | 漫画&生活
最新情報
★新作読み切り
New! 1/9発売
秋田書店『恋愛LoveMAX』2月号

★最新刊
「メゾン・ド・フルールの女たち」全2巻

★イラスト置き場

📧お問い合わせはこちらです
ライフログ
以前の記事