早坂いあん「セキララ日記」

「別冊フレンド名作LOVE祭り」

漫画&生活
元のサイトで完全版を読む




「Pinky a gogo」(全9巻)の1巻が無料配信中です。


ざっと解説すると、
この作品は、モデルの仕事にいまいちピンとこない主人公「たまき」が
トップモデルのヒサシに導かれ、
スタイリストという仕事の面白さに目覚めていく、
ファッションの世界を描いたお話です。

毎回の見どころは、たまきがモデルの経験を生かし、
自分でスタイリングした洋服を着こなし、
無理難題に挑むシーンです。
その都度仲間に支えてもらい、知恵を貸してもらい、
片思いの相手ヒサシに認めてもらうために
たまきは登りつめて行きます。


ぶっちゃけますと、
トップモデルのヒサシとは3巻あたりで結ばれます。
ヒサシにも夢があり二人三脚で仕事をしていくことを夢見ます。


しかし、そこは少女漫画。
二人の仲を揺るがすほどの才能を持った、
「ケン」というフォトグラファーが登場します。
仕事のステップアップの為にニューヨークに渡った二人は、
ケンと出会い仕事をすることに。
再度描きますが、そこは少女漫画。
ヒサシ、ケン、たまきの三角関係が仕事にも絡んで行き、
「LOVE祭り」中心でお話が回ります。


ヒサシとの恋は破たんし、ケンに行っちゃうのか?!
・・・の、ケンとたまきの禁断のラブシーンは6巻です。
そこから先は・・・読んでいただけたらうれしいです。


当時、空前のスーパーモデルブーム。
資料には事欠きませんでした。
編集部の協力で、ニューヨークのコンデナスト社で
取材させてもらったりと夢のような経験をさせていただきました。
(世界一のファッション誌VOGUE等を発行している出版社です)
9巻のおまけのページにはその時の写真を掲載しております。


この連載をしていたのが、もう20年も前になるとは本当に驚きます。
自己最長連載だったので、とにかく思い出がいっぱい。
どの作家さんもきっとそうだと思うのですが、
魂を注いで描いたキャラクターというのは、
まるで実在する自分の親友のような感覚で、
今も色鮮やかに彼らが蘇ります。
「今描いたらどうなる?!PINKY~のメンバー」など、
また、日を改めて描いてみたいなー。(期待せずに待っていてください・・・)


他、
「セブンティーン・グラフィティ」
「ハートにつきさされ」
「噂のふたり」
「教えてあげない」
「大人の女はラクじゃない」(kissの作品)
「ADアイコ」(kissの作品)


とまぁ、とてもとても懐かしい作品をいっぱい紹介していただいております。



「別冊フレンド」は1985年4月号のデビューから
1999年夏まで執筆した、私を育ててくれた雑誌です。
来年3月に30周年を迎えます。
この間、ブランクがあるので胸を張って30周年とは言えないのですが、
今もこうして漫画を描いていられることをとても幸せに思います。



もっと見る
タグ
電子書籍
懐かしい漫画
pinky a gogo