ペンネームの由来


「由来」なんてほどではありません。
ミーハー少女が半ばふざけてつけたペンネームが
今に至ります。



PVの方が画像は綺麗だけど、終始イアンを拝めるこれで。


Echo and the Bunnymen - Bring on The Dancing Horses


80年代中盤から後半にかけて、
少女漫画界にこのようなナイーブな風貌の男の子が席巻したと
言ったら大袈裟かしら?
あえてお名前は挙げませんが、何人もの著名な作家さんが
イアン・マッカロクをモデルに描いておりましたよ。
なのに、私はペンネームにした割には、イアンをモデルにした男の子は
描いてないんですよね。
理由は「髪ベタ」が苦手だったから、というね。
四方八方につんつんしているので、テクニックがある人でないと
ヒジョーに厳しい髪型なのであります。


a0107358_00300987.jpg
















カワイ♥
けれど、角度によってはMr,ビーンのような時も。
ま、そこはイギリス人だから。


ペンネームの話に戻りますと、
デビューが決まり、当時の編集長からはペンネームを本名にするか、
変えるかにしなさいと言われていたのですが、
初代担当が若いロックな兄ちゃんで(今やすっかり偉い人)
「オレ、バニーメン好きだからこれでいい。このまんまでいくから。」
の一声で決まり。

投稿時代は「いあん」を漢字にして「維杏」。
もう「そこんとこ夜露死苦(よろしく)」と同レベルの世界ですわ。(笑)
中三の時につけたペンネームだけど、精神は中二病真っただ中。
でも、なんと中国語版のコミックスはこの漢字表記のペンネームなんですよ!

ま、インパクトだけはあったと思います。
本当にたくさんの人から「なぜ?なぜなの?」と言われ続けてきましたから。
今も訊かれたら、上記の説明をします。

ちなみに「いあん坊」とあだなを付けたのは
編集部ではなく、ひうらさとる先生です。
自分の事を「さと丸」。
そして、上田美和先生を「美和ぽん」と
名付けたのもひうら先生です。

じゃあ普段も「いあん坊」と呼ばれていたかと言いますと、
ううん、初対面から「ハヤサカ」って呼び捨て。(笑)
私は敬意を込めて「ひうらさん」「上田さん」と呼んでいるのに
せんぱいたちは「ハヤサカ」って、今も呼び捨てですからぁ~!




[PR]