MTVからのヒントは、いくらでもあった。

いわゆる「七変化」で息長く活動するデヴィッド・ボウイ様。
どの時代のボウイが好きかと聞かれれば、
やはり私が一番多感な時に、超メジャーロックスターだった80年代の、です。
戦場のメリークリスマス」で彼の存在を知った人も多かったのでは?

ということで、麗しの「MODERN LOVE



はー・・・うっとり・・・。

作品を読んでくださった方ならわかると思うのですが、
「pinky a gogo」では、ストーリーに絡めて撮影するファッションページの
テーマを決めていました。
この作業が一番骨が折れるといいますか、
もう毎回悶絶しながらひねり出していたのですが、
ある時、この「モダンラヴ」のビデオクリップからヒントを得て
「有名なミュージシャンに扮するモデルたち」というテーマどうかな?!と
案を出しました。

つまり、主人公であるスタイリストのたまきが
「モダンラヴのクリップでデヴィッド・ボウイが着ている黄色のスーツを、
ヒサシに着せて撮影したい」と、いうわけです。

a0107358_23440475.jpg

実際、ヴォーグなどの超有名雑誌でも、当時のスーパーモデルが
マリリン・モンローやオードリー・ヘプバーン、
ブリジット・バルドーなどに扮するグラビアがいくらでもあったので、
いいかな?と思い、私は描く気満々でこの曲が入ったビデオを資料として購入。

しかし、「たまきのアイデアからなる、スタイリングではない」
ということでボツになったんですよ。
そのテーマに近いシーン(セリフだけ?)は
もしかしたら描いたかもしれませんが・・・。
(読み返す勇気ナシ)

んー、カラーで描きたかったわぁ~。



Pinky a Go Go(1)

早坂いあん /講談社

全9巻
(9巻に「N・Y取材記」
中編読み切り「華の純情」を収録)






[PR]